[ 旅日記 ] 来ちゃった函館 その③ 北の動物・鳥、鹿、サル編


来ちゃった函館・旅日記第三弾。

(これまでの日記)

函館にも…ゆるい動物たちがおりました。
白鳥に温泉に入ったサル。あ~、癒される。このブログを読んでいるあなたにも、勝手におすそ分け。

まずは北国らしいこの方!

●大沼国定公園の白鳥

雪が降る湖に浮かぶ白鳥たち(とカモ)。ここの湖、凍ってたのですが、白鳥がいる付近では凍っていない。だから集まってくるのかな。
いい景色。でも寒いからさっさと車に戻る。
はい、次。

●エゾシカ・ドライブルール

「エゾシカは意外とニブイ!」に笑いました。奈良の鹿は意外と素早いので…
シカの後ろにシカあり、は同意。シカは群れで移動が多いかも。
会いたかったな…


はい、次。

●函館公園の動物コーナー

太っ腹に入園無料。小さなところですが…ジワジワきますよ…
こちらで特筆すべきは、自由すぎるセンスと、クオリティ高すぎる大工仕事。めっちゃ好み。

この公園に鹿がいると耳にしたので、駆け付けたのですよ(シカ馬鹿)。しかしまさかの、北海道でヤクシカ(屋久島の鹿)がいました。なぜにヤクシカ…!


アンニュイな顔でくつろぐ女子2頭。
あれ?写真よりだいぶ少ない頭数…

ちゃんと鹿ハウスも用意されています 立派。

さらにリアル角つき・鹿ヘルメットまであるよ!


かぶってみちゃう。
重い!ぷるぷるする。鹿の角ってこんなに重かったのか!それを小さな頭と細い首で支えているオス鹿ってすごい。見直したわ。

はす向かいには、自由なヤギ。ぐるぐるしている。


めちゃかわいいハムスターの家。手作り感にほっこり。かわいいな~


予算がふんだんになかろう事はなんとな~く伝わる、が、中に大工仕事が恐ろしくうまい人がいるとみて間違いない。そのおかげで充実しまくった展示が見れます。熱意はお金を飛び越える。

ワシの実寸パネル。大きいな~。実物大ってなんでこんなにわくわくするんでしょう。

キンカチョウの小屋が…足までしっかりスフィンクス。

なんだって…キジの名前が…きびだんご…!


小屋がまさかの鬼ヶ島

かわらばんもお見逃しなきよう。


ジワジワと面白さがくるミニ動物園でした。家族連れにちょうどいいかと思います。

●サルと温泉

サルが温泉に入っているところが見られる」と聞いたら、見ずにはいられない。函館市熱帯植物園に行ってきました。


お!いたいた!こちらのお猿さん方、温度が30℃台では入らず、40℃になったら入ってくれるそうな。12月~ゴールデンウィークが温泉シーズン。


サルが温泉でめちゃめちゃくつろいでいる


あれ、、毛、、、、毛がない、、、!温泉に入ってばかりのサルは、毛がなくなるそうです。(温泉に入らなくなると、また毛が生えてくる)

銭湯にいる、常連のじいちゃんばあちゃんのような貫禄が…



温泉に入らない派のサルもいて、その人たちはふっかふか~


気が付けば30分はこの前にいたと思います。ずっと湯舟にいる派・出たり入ったりする派など色んなサルがいて、見てて飽きない。


あ~、心の垢を洗い流すことができました。


私は動物がめっちゃ大好きです。大好きすぎて飼えない(留守が多いから)。

コロナだろうが何だろうが、今日も淡々と食べて、出して、過ごす。
そのブレないペースに、周りの環境に敏感ですぐへこたれる私は、ものすごく癒されるのです。人間のめんどくささを忘れられます。

唯一、エゾシカに会えなかったのだけが心残り!!


(おまけ:不思議な生き物)


ずーしーほっきー
北斗市のゆる…キャラ ホッキのお寿司…


なんだろうこの胸のざわつき…


ドラちゃん
けなげに今日も店番をしています。

頭の四角い穴が気になります

3月になって函館のいろんな施設がどんどん閉鎖されている…本当にぎりぎりのタイミングで行ったのでした。今週はおとなしく過ごした我が家でした。


このブログの人気の投稿

[ 船乗り嫁日記 ] 耳毛が出てても愛してる