[ 作者が解説 ] おがさわら丸のおみやげ!Latest work

Latest client work : illustration sticker + postcard for Ogasawara-Maru.

はい、タイトルの通りです。

昨年はおがさわら丸のお父さんこと、小笠原海運さんより
シールとポストカードの制作をご依頼いただきました!



「おがさわら丸と、小笠原諸島の自然」をテーマに。
昨年、私も小笠原諸島に旅した経験がとっても活かされました。

帰りの船内で、うっかり買ってしまいたくなる、小さくて(かさばらなくて)かわいい物、が裏テーマ(笑)



小笠原諸島は本当に不思議な島で、自然しかないけど、ものすごく濃いです。鮮やかです。そしていい感じに人とゆるくつながれる印象。(>>小笠原諸島の旅日記

しかも小笠原諸島、クルーズ客船に乗る、自衛隊のヘリに搬送される以外の交通手段は2020年 も 船 の み ! ! ! 日本のガラパゴス!!!



そんな不思議な島に行った帰りの船内では島時間が流れ、島との別れを惜しみまくる人がいっぱいです(私もその一人)。船で往復するのがまた良いんですよ…

少しでも、島や船旅の空気感を持って帰りたいなぁ、と思ってしまう。
それなら船内の売店でちょっとでも買えたら嬉しいよなぁ…と勝手に思っていた、森あめの(ええ、私もおみやげ色々買いました)。


ポストカード制作の依頼が来た時「よっしゃぁー!!」とガッツポーズしました。そして旅の思い出を詰め込みました。


1枚目。小笠原の動物・植物たちと、おがさわら丸。
ビーチに行くと、本当にこんな感じの鬱蒼とした緑がいっぱいです。赤い頭の「アカガシラカラスバト」や「オガサワラオオコウモリ」、現実には海辺にはいませんが、絵なのでみんな大集合できます。動物たちも、おがさわら丸をお見送りしてます。



2枚目。夜のおがさわら丸。一番自分で気に入ってます。
夜のおがさわら丸を漁港から見たとき、「夜のお船はなんかセクシーや・・・かわいい」と思った胸の高鳴りを絵に込めました。光るキノコ・グリーンペペのおまけつき。



3枚目。ウミガメとおがさわら丸。小笠原諸島はアオウミガメがたくさん。保護センターもあって、なかなか面白かったです。(小笠原の動物日記もどうぞ。)
海のおだやかな空気を再現したくて描きました。

4枚目。周りでは一番好評!サンセットとクジラのバッシャーン(何て言うのか忘れた)。おがさわら丸のシルエットを添えて…
船には24時間乗るので、夕日も見られるぅ~小笠原の夕陽はとてもきれいでした。楽園です。



5枚目。おがさわら丸のお見送り。お見送りなくして小笠原とおがさわら丸は語れない!!島中の人が見送りに来てくれます。
しかも私が行ったときは虹まで出ました。涙。

メイキングの一部をムービーでどうぞ。



こちらのポストカードはかわいい封筒に入ってます。封筒までかわいい(自画自賛)

ちょっと透けてて中身も見えます。宛名をこのまま書くときは、油性ボールペン推奨。




おがさわら丸ちゃんは、お客さんだけでなく、船に乗っている職員さんにも、営業の人も、とても愛されている。愛にジーンときました。
私もグッズに、船への愛をつめました!!!


あ、販売は船内のみです!船にぜひ乗ってくださ~い。
実際に行った経験から、船と宿がセットの「おがまるパック」が一番いろいろ楽で安いと思います。おすすめです~

おがさわら丸・小笠原海運(株)

ウェブサイト:http://www.ogasawarakaiun.co.jp/
Instagram :https://www.instagram.com/ogamarugram/
Twitter:https://twitter.com/ogasawrakaiun
Facebook:https://www.facebook.com/ogasawarakaiun/



【お仕事的な話】
このお仕事ではイラストを描くところから、印刷屋さんに発注して、納品するところまで、わが事務所 STUDIO ameforestが一貫して請けております。

(ちなみに弊社では、メーカーさんに発注する場合は、お客様に代わって発注を代行する「発注代行」という形をとっています。)

お見積り・お問い合わせは
mail(at)studioameforestまでご連絡ください~

このブログの人気の投稿

[ 船乗り嫁日記 ] 耳毛が出てても愛してる