[ 船乗り嫁日記 ] 本場中国で焼そばUFO






三ヶ月、ほぼ中国の造船所にカンヅメだった船乗りゲンさん、今日ようやく帰国。
かわいそうに、お正月休みなしで明日から出勤…
部長さん代休を…代休を…

さて、ゲンさん移動にほぼ丸一日かかるので、お昼ごはんどうする問題が立ちはだかる。


空港で手続きが混むので、なるべく早く手続きは済ませたい。
それから空港でランチにしよう。
だがしかし手持ち人民元がない。
両替するのも勿体無い。



カードが使えるか微妙なところ。
日本でも使えるアリペイは中国で口座持ってるとか、色んな条件がいるので使えな〜いとさ。





そこでゲンさんひらめいた。中国のレストランは割と持ち帰りオッケー。
ならば朝食メニューでセルフ弁当!!
朝ごはんからチャーハンと肉まん出るし。


できればタッパーがあれば最高。でもレストランのおばちゃんに通じるか怪しい。
そこでゲンさん、またひらめいた。
タッパーがなければ、ビニール袋があるじゃない。




 使い古したファミマのレジ袋が手元にある。そこにチャーハン直入れを検討。
おいおい冗談だろう。
いや、冗談じゃなくて割とローカルで普及してるようで。





 もしくは…日本から持ち込んだ焼そばUFOをランチにする案。
空港の待合いで焼そば食べるんか。だいぶ中国に馴染んできたねゲンさん。




最終的に、空港でお湯があると判明したのでUFOに決定。
そういえば韓国の空港でもありましたわ。ありがたい。お湯は恵みやなー。

最近では関空の第二ターミナルでも発見。
多分中国の人がドカドカ来るとこにはお湯スポットができる。





オチのような最後、ゲンさんは焼そばUFOを食べ終わった後に、カードラウンジを発見し、そこで本場の焼そばが食べられるのを知りましたとさ。
ちゃんちゃん。おつかれさん!