[ヘタレ福祉日記] 大人のアレをはいてみた


大人のおむつ、履いちゃいました。またもや人生未体験ゾーン突破。





※お食事中の方や下ネタ苦手な方にはお勧めしませんが、まじめな記事です。













ただいま介護ヘルパーの資格勉強中でございます。その一環で、おむつ。排泄なくして介護なし!マジで!









「どなたか介護を学ぶ一環として、やってみませんか?」ということで、我先に志願してみました。なにごとも経験じゃ!









ス〇ーバックスのおしゃれ紙袋に包まれて渡されました。 その心遣いが素敵です。








はいてみました、大人のおむつ。
意外と軽いじゃないですか。当方女性、生理用品で慣れておりますので、
おむつを履くことには特に抵抗ありませんでした。



しかし…いざ…排尿…となると。
寒くてもらしそう(ごめんなさい下品)、という状況までなって、
「さあ私よ!存分にもらしたまえ!!」とおむつがスタンバイしていても、
簡単にはできない。できないです。



 



極限まで尿意と戦って、降参したところで、
ついにやってしまいました。おむつに。



「一線を越えてしまった…」という感覚がわいてきます。



本来ならばトイレに駆け込んですっきり爽快!のはずが
ちょろり、ちょろり、ああなるべく漏れてくれるな、と
恐れながらの徐行運転。本当に楽しくない。ああこれ不快!



 




どっしり受け止めてくれたおむつ。
恐れていた横漏れはぎりぎりセーフ。
思ったよりサラサラな仕上がり。


それでも「一刻も早く取り替えたい。」心がただそれのみになりました。
ほかに何も手がつかない。
このままでは読書しても文字が入ってこない。料理なんてとてもできないです。
言いようのない生理的な不快感。




すぐさま自分で取り換えて、トイレできれいにしましたが、
これをベッド上でしろ、人に取り換えてもらえ、というのは
かなり酷なことだと感じました。



たとえ家族でも、家族にはそれぞれの生活もあるので、
いちいち呼ぶのも申し訳ない。でも気持ち悪い。
赤ちゃんなら泣くでしょうけど、大人はそうしょっちゅう泣けない。
こんな状況が毎日続けば、とても鬱屈してしまうに違いありません。


[caption id="attachment_5831" align="aligncenter" width="500"] ちびっこのオムツとレベルが違う。[/caption]


「笑いすぎてちびりそうやわ!」とかたまに言いますが、自分がおむつ生活をしていたら、
「あんたもおむつにチビってみろ」と当てつけに言ってしまいそうです。



なるべく、人目に見られたくない。
なるべく、さっさとおむつは替えたい。
なるべく、可能な限りはトイレで、自分で排泄したい!
そう強く強く感じました。






日頃ケアの仕事の中で、「トイレに行きたい!」と伝える利用者さんの、トイレ介助もします。
ついこちらの都合で、「ちょっと待って・・・」と言うことも。
利用者さん、待ってもらっている間にヒヤヒヤしただろうなぁ、とすごく反省。
トイレに行きたい、と言って、介助してもらうだけでも、結構疲れるよなぁと
今さらながら気づく私。今なら遅くない、はず。





トイレ介助に慣れてきていたこの頃。





改めて、とてもデリケートな事だと再認識できたいい機会でした。